ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

沿革

2000年10月 新潟工事株式会社と株式会社三興製作所が合併し、新興プランテック株式会社が発足
新潟工事 1954年設立。旧日本石油グループ(現JXTGグループ)を主要顧客とし、石油精製、石油化学、薬品を中心とした各種プラントの建設からメンテナンスまでを手掛け、メンテナンスを事業主体とした企業。
三興製作所 1938年設立。石油精製、石油化学、一般化学など各種プラント分野に対してのエンジニアリングおよび旧東燃グループ(現JXTGグループ)を主要顧客としてメンテナンスを手掛け、エンジニアリングを主体とした企業。
2002年4月 第1次中期計画を策定
2002年6月 株式会社新潟鐵工所の石油・石化プラント関連のタンク事業を譲受
2002年10月 執行役員制度を導入
2003年11月 中国に子会社「無錫興高工程技術有限公司」を設立
2004年4月 第2次中期計画を策定
仙台事業所を設立
2005年3月 資本金を2,754百万円に増資
2006年7月 本店を横浜市磯子区新磯子町27-5に移転
2007年3月 東京証券取引所市場第一部に株式上場
2007年4月 第3次中期計画を策定
2007年7月 当社株式の投資単位を「1,000株」から「100株」に変更
2009年6月 川崎独身寮が完成
2009年11月 池田機工株式会社の株式80%を取得し子会社化
2010年1月 休眠中であったインドネシアの子会社PT.SANKO ENGINEERING INDONESIAをPT.SHINKO PLANTECHに社名変更し、事業を再開
2010年3月 磯子トレーニングセンターが完成
2010年4月 第4次中期計画を策定
2010年6月 株式会社高田工業所のインドネシアにおける事業および従業員をPT.SHINKO PLANTECHに引き継ぎ、インドネシアでの事業を拡大
2010年11月 東海工機株式会社の株式60%を取得し子会社化
2011年6月 タイに子会社「SHINKO PLANTECH(THAILAND) CO., LTD.」を設立
2011年10月 株式会社東新製作所の株式100%を取得し子会社化
2013年4月 第5次中期計画を策定
2016年4月 第6次中期計画を策定
2016年6月 監査等委員会設置会社へ移行

ページトップに戻る