ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

IRポリシー

基本方針

当社は、株主・投資家を含む当社のステークホルダーに対して、経営戦略や財務状況などに関する情報を積極的に開示し、ステークホルダーからの信頼と正当な評価を得ることを目指します。

情報開示の方法

適時開示や法令で開示が定められている項目については、東京証券取引所の提供する「適時情報開示システム(TDnet)」およびプレスリリースなどにより開示を行います。また、開示した情報は、基本的に当社ウェブサイトに掲載し、より公平な情報開示に努めます。

業績予想、将来の見通しに関する情報について

当社が開示する情報の中には、業績予想を含む将来の見通しに関する事項が含まれている場合があります。それらは、開示時点で入手可能な情報をもとに作成しており、常に最新情報を反映しているものではありません。そのため、開示後における経済情勢や市場の変化などにより、業績予想を含む将来の見通しが実際の結果と異なる可能性がございます。

IR自粛期間

当社は、各四半期の決算期日の翌日から決算発表日までを「IR自粛期間」と定めて、IR活動を自粛しております。その期間中は、決算内容や質問等に関してコメントをすることを控えさせていただきます。ただし、「IR自粛期間」中に、公表済みの業績予想が大きく乖離する可能性があると判断した場合には、情報開示を行います。

ページトップに戻る