ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

早わかり新興プランテック

2. どんな強みがあるの?

4つの強みで、持続的な成長を追求しています。

実績に裏打ちされた「現場力」

プラントの課題に即した確かなサービスで
高い評価を獲得しています。

プラントは、使用状況などによって一つひとつ課題が異なります。そのため、プラントメンテナンスは、プラントの課題を的確に把握し、改善できる高度な知見と、大小さまざまな案件に柔軟に対応できる体制が必要です。新興プランテックは、長年にわたる実績のなかで、メンテナンスから改修・改造まで幅広く応える技術力、安全・品質・工程・コストを統合管理する監督力、大規模な工事にフレキシブルに対応する組織力を融合した「現場力」を蓄積し、数多くのお客様から信頼を得ています。また、プラントの新設工事においても、メンテナンス性に配慮した設計・工事を行い、費用対効果の高いプラントを実現しています。

[ 新興プランテックの「現場力」 ]

長年のメンテナンス実績によって培われた「現場力」で一つひとつのプラントに合ったサービスを提供!

幅広い「ネットワーク」

国内外に広がるネットワークでお客様の事業展開を支えています。

近年、中国やアジア各国をはじめとする経済成長を背景に、各国でプラント建設やメンテナンスへの積極的な投資が続いています。新興プランテックは、国内16拠点で全国各地の要望にお応えするのはもちろん、中国や東南アジアに展開している日系企業のプラントエンジニアリング、中国やインドネシアのメンテナンス事業など、さまざまなニーズにお応えするサービスを提供しています。

[ 新興プランテックの「ネットワーク」 ]

全16拠点で全国各地の工事をカバー!
中国・東南アジアを中心に海外展開も強化!

多様な事業機会による「安定性」

お客様との長期的取引を基盤にプラントの建設からメンテナンスまで
バランスのよい事業構造を追求しています。

企業の設備投資の影響を受けやすいプラント業界において、新興プランテックは安定したビジネスモデルを構築。常時70カ所以上のお客様工場で、大小さまざまな案件――例えば、A工場では日常保全に加えて定期修理工事、改造・改修工事を、E工場では新規設備工事を、そしてF工場では改造・改修工事のみを請け負うなど、多様なビジネスチャンスを獲得することで、業績の安定性を確保しているのです。

[ 新興プランテックの事業構造イメージ ]

常時70カ所以上のお客様工場で、大小さまざまな案件を継続的に受注することにより、業績の安定性を確保!

メンテナンス

日常保全工事
お客様工場に常駐し、プラントの点検・補修などを実施。
定期修理工事
プラントの性能維持のため、定期的に製品の生産を停止し、機器や配管などの大規模な点検・修理・改造を実施。

エンジニアリング

改造・改修工事
プラントの増強や省エネ化など、生産力・性能向上のために行う工事。
新設設備工事
新たな設備や工場を建設する工事。

財務体質の「健全性」

成長戦略投資などを計画的に進める一方、
財務の健全性の維持・向上を図っています。

新興プランテックは、成長戦略投資や経営基盤強化に向けた投資など、持続的成長に向けた投資を行う一方で、財務体質の健全性の維持・向上を図っています。有利子負債が少なく、また、財務状況の安全性をみる指標の一つである「自己資本比率」では、東証上場企業の平均が37%前後であるのに対して、当社は高い水準を維持しています。

純資産
自己資本比率
  • 新興プランテックってどんな会社?
  • どんな強みがあるの?
  • 業績は?配当は?
  • 今後の展望は?

ページトップに戻る