ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

早わかり新興プランテック

4. 今後の展望は?

国内外の変化を機会と捉え、成長戦略を展開していきます。

近年の業界動向

国内ではメンテナンスが安定的に推移、海外ではアジアをはじめ、
新興国でエンジニアリングが拡大しています。

プラント業界は、大きくプラントを新規に建設する「プラントエンジニアリング」と、プラントの性能を維持・改善する「プラントメンテナンス」とにわかれます。近年のプラントエンジニアリング市場は、アジア地域を中心とした新興国で社会インフラが求められており、プラントの需要が拡大しています。一方のプラントメンテナンス市場は、景気の影響を受けにくく、国内、海外ともに比較的需要が安定しています。

[ 国内外の市場動向 ]

新興プランテックの経営ビジョン

メンテナンスとエンジニアリングのサービス提供力に磨きをかけ
さらなる事業の強化・拡大を進めていきます。

新興プランテックは、2016年度からスタートした3ヵ年の第6次中期計画で、3つの経営ビジョンを掲げ、「全ての設備に対応できるエンジニアリング能力のある『総合プラントメンテナンス 企業』として、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に努めていきます。

[ 経営ビジョン ]

当社グループはOne to One Maintenanceの事業コンセプトのもと、
全ての設備に対応できるエンジニアリング能力を備えた
『総合プラントメンテナンス企業』として、
持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図る。

メンテナンスおよびエンジニアリングにおける技術や施工などの
サービス提供力の高度化を図り、多様化する顧客のニーズに対応した
的確なソリューション・サービスを提供する。

石油・石油化学分野におけるトップシェアの維持・拡大はもとより、
化学、食品、医薬分野における専門性の高い技術の蓄積と実績を積み上げ、
事業ポートフォリオの更なる多様化を推進し、
将来に向けた成長と経営基盤の強化を図る。

メンテナンスとエンジニアリングによるソリューション・サービスの提供

  • 新興プランテックってどんな会社?
  • どんな強みがあるの?
  • 業績は?配当は?
  • 今後の展望は?

ページトップに戻る