ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置
  • ホーム>
  • ニュース>
  • 2011/10/18 「INCHEM TOKYO 2011」・「メンテナンス・テクノショー」への出展について

ニュース

展示会情報

11月16日(水)~18日(金)に東京ビッグサイトにて同時開催される展示会、
『INCHEM TOKYO 2011』・『メンテナンス・テクノショー』に出展します。

会場では弊社の技術スタッフが皆様のお役に立てるよう、各種技術についてお応えします。
また、アンケートにご回答いただいた皆様には粗品をご用意しています。

この機会にぜひ、皆様お誘い合わせの上、ご来場いただきますよう、心よりお待ち申し上げます。

会期 2011年11月16日(水)~18日(金) / 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
入場料 1,000円(税込) ※下記の来場者事前登録で入場料無料となります。

入場料が無料となる事前登録はこちら 入場料が無料となるほか、当日スムーズな入場が可能となります。ぜひご登録ください!

INCHEM TOKYO2011 ~グリーン・イノベーションを目指して~

主催 公益社団法人 化学工学会  /  社団法人 日本能率協会
展示場所 東1~3ホール ブースNo.1F-02
展示内容
副生油処理システム
化学工場における製造工程から排出された廃棄物(液体)を副生油としてボイラー燃料化するとともに、反応過程で使用される金属酸化物を回収、再利用できる業界初のシステムです。
タワーの部分交換工法
タワー胴体の部分更新に対し、設計強度及び施工に関する総合的な技術的検討を踏まえ、お客様のニーズに対応した最適な工法をご提案します。

詳しいご説明はこちらから

工場経営と保全を考える専門展示会メインテナンステクノショー

主催 社団法人 日本能率協会
展示場所 東5・6ホール ブースNo.5J-05
展示内容
SPC_CAR-BER工法(部分耐圧試験工法)
配管などを更新・補修する際に容易に“孤立化”することができ、部分的に溶接作業や耐圧・気密試験を行える工法です。工程短縮やコストダウン、さらには安全性の高い作業環境が実現できます。
材料・溶接技術
建設から長期間が経ったプラントの“安定稼働・機能維持”のためには、適切なメンテナンスが重要となります。材料・溶接技術の観点から、材料損傷の原因究明、さらにはお客様それぞれに適切な補修方法のご提案を、一貫して迅速に対応します。

詳しいご説明はこちらから

『INCHEM TOKYO 2011』と『ものづくりNEXT↑』は東京ビッグサイト内で同時開催しております。
どちらか一つの展示会への事前登録で双方の展示会、セミナーへの参加が可能となります。

ニュース

  • カタログアーカイブ
  • テクニカルレポート

ページトップに戻る