ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

採用基本情報

人材育成(教育・研修)

新入社員研修

全体研修

4月の1ヶ月間は、社会人に必要な“自ら考え実践する力”を身につけるための研修を行います。自分たちは何を求められているのか、どのように行動すればいいのかということを常に考え、社会人一歩めの土台作りをするために、チームごとにさまざまな課題に取り組んでもらいます。

講義風景。

総括発表の様子。

伝統行事となっているウォークラリー。

技術研修

技術系採用者は5ヶ月かけて、プラント設計、現場での施工管理、プラント材料の検査、分析といった新興プランテックの主要な業務を実習も交えて受講します。これは、配属後に必要とされる基礎的な知識、技術を身につけながら「自己の職種適性」を発見してもらうことを目的としています。

●プラント設計研修

設計の基本から学びます。

作図の様子。

CADの実習風景。

●プラント材料検査・分析研修

材料の肉厚を測定中。このように実際に検査器具を使用しながら研修します。

溶接も研修中に体験します。

放射線透過試験。溶接部分をレントゲンで確認します。

●施工管理研修

現場での施工管理研修では、稼働しているプラント工場の中でしか見ることのできない装置について学ぶほか、施工管理者が現場でどのように人と接し、指示するのかなどを自分の目で見て学びます。

専門別教育

当社にはカテゴリごとに専門別教育を設けています。

熱交換器分解・組立教育

足場組立・解体教育

座学+実践で、より理解が深まります。

動機械監督者教育の様子。

技術系研修はすべて教育・訓練センターで行います!

2010年4月に完成した「教育・訓練センター棟」では、新入社員の基礎技術の習得から中堅からベテランまでのキャリアアップ教育まで、全ての社員を対象とした総合的な研修施設です。施設内には水処理モデルプラントが設置されており、モデルプラントの作図学習や実際に操作しながらの体感訓練などを受けられ、新入社員でもイメージしやすいようになっています。

キャリアアップ研修

これまでの仕事のやり方や考え方を見直し、さらに今後求められる立場を理解し、今後の目標や課題を見出します。

キャリアアップ研修の模様

エントリー

マイナビ2019

採用の疑問・質問はこちらへ:採用質問箱