ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

プラント業界、会社の強みがよくわかる なるほど!新興プランテック

02. プラント業界の動向

エンジニアリングとメンテナンスで
堅調な需要が続くプラント業界

プラント業界の仕事は、プラントを新規に建設したり、既設のプラントを改造したりする「プラントエンジニアリング」と、プラントの性能を維持・改善する「プラントメンテナンス」に大きく二分されます。
「プラントエンジニアリング」については、国内ではクリーンエネルギーとして期待されるLNG(液化天然ガス)の受入基地や高機能な製品を生み出す化学プラント、医薬品プラントなどが中心となっています。また、石油プラントでは、大地震の被災時においても市場へ安定的に石油製品を供給するために、プラントの強靭化投資も行われています。海外では資源国におけるLNGプラントや新興国における石油精製や石油化学プラントの建設が需要の中心となっています。一方、「プラントメンテナンス」については、高度経済成長期に建設された国内の石油精製や石油化学プラントが長年使用されて、経年変化や劣化が問題となっており、従来のメンテナンスに加えて、高経年化したプラントに対応する高度なメンテナンスが求められています。

プラントの業界の構造

新興プランテックは「両方を請け負える」強みを活かし、新市場および海外展開へ

新興プランテックは、プラントメンテナンスをコアにしながら、プラントエンジニアリングを請け負う実力をもっている数少ない企業です。また現在、中期計画において、得意とする石油・石油化学分野に加えて、一般化学、食品、医薬品、電力などの一般工業分野にも事業拡大を進めるとともに、中国、東南アジアを中心とした積極的な海外展開策を打ち出しており、次々に実行に移しています。

新興プランテックの事業戦略

03. プラントの一生と新興プランテックの仕事へ

エントリー

マイナビ2019

採用の疑問・質問はこちらへ:採用質問箱