ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

回転機械設備診断システム

精密診断によって現場での測定作業とデータ加工を効率化します。

回転機械の設備診断を行う場合、定期的に診断対象の振動データを測定し、そのレベルや増減傾向から機器の状態を診断することが主業務となります。この時取り扱われるデータ量は膨大で、測定仕様やしきい値を管理することは難しく、測定値のグラフ化などのデータ加工に多くの労力が費やされます。 「CBM パートナーWIN」は、こうした問題を解決するために振動計メーカーのリオン(株)と共同開発したWindows用ソフトウェアです。

振動計との通信

  • 対応振動計(VA-11C)

リオン製振動計(VA-11C、VA-10)と通信することにより、振動計に機器名称や測定箇所、測定モードが表示されるため、現場での測定作業がスムーズに進捗します。
また、測定値が自動的に取り込まれるため、キーボードによる数値の入力作業の必要はありません。

ページトップに戻る

注意機械の自動抽出

絶対評価基準値(ISO10186-1 他)を内蔵しており、さらに相対評価値(初期値と前回値)と組み合わせることにより、それぞれの機器に見合った設定で、測定値の上昇した機器を注意機械として自動抽出することができます。

ページトップに戻る

精密診断

  • 周波数スペクトル

周波数スペクトル上に軸受欠陥周波数を表示させ、軸受の各種異常を検出することができます。軸受データは約300種類について内蔵しており、一般的な軸受について網羅しています。

ページトップに戻る

種々の帳票出力

  • 傾向管理グラフ

現場で測定した値を「傾向管理グラフ」機能でグラフ化し、測定値の増減傾向を観察します。また、出力可能な帳票は測定値の一覧表である「測定値リスト」や「注意機械リスト」などの9種類です。

ページトップに戻る

振動診断技術サポート

  • 測定値リスト
    (プリントアウト例)

石油・化学工場を中心として、振動法による設備診断の導入を予定している顧客に対して、運営管理のプラットフォームとして本システムを提案し、振動診断に関するサポートを実施しております。
また、回転機械、配管、架構等を対象にした設備診断のための精密振動測定、ハンマリングによる応答特性調査も実施しております。

ページトップに戻る