ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

簡易ジャッキアップ工法

低位置での施工のため、熟練工が不要で安全、しかもコスト低減・工期短縮に貢献します。

ジャッキアップ工法 (SPC-II型)

従来の本格的なジャッキアップ工法を行う程の基礎修正が必要ではない場合、タンク基礎修正と側板下部アニュラ板を取り替える工法。

ページトップに戻る

特長

  • タンク周方向にブラケット・外周リングなどの補強材を必要としない。
  • ジャッキ設置のための下部の基礎の補強が不要。
  • コンクリートリングの補強と並行して、施工することが可能である。
  • 熟練工が不要なため、コストの低減が可能である。
  • 支点が多く、また、低位置で施工できるため安全である。
  • 工期の短縮が可能。

ページトップに戻る

施工フローチャート

施工フローチャートの図

ページトップに戻る