ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

SPC-HCインナーフロート

ハニカムパネルの“高い耐震強度”と“300%浮力”によって優れた安全性を実現します。

SPC-HCインナーフロート構造上の特長

SPC-HCインナーフロートは、固定屋根式タンクの内部にアルミニウム製パネルから成るフロートを設置し、貯蔵製品の蒸発損失を抑えて製品の貯蔵効率を高めるとともに、液面接触式のため、ベーパースペースが生じない構造であり、より安全性が高いものとなっています。

  1. 工場でのプレファブ加工であり、現場組立はボルト締めで組み立てられます。
    ただしアルミ製パネルをタンク内へ搬入するために屋根部または、側板部に600㎜×1,700㎜の開口が必要です。
  2. インナーフロート全面が浮力を有するパネル構造の集合体であり、浮力性能に優れています。
    その浮力には、200%の余裕があります。(API基準の2倍の安全率を確保しています。)
  3. 液面接触式により、ベーパースペースがなく、安全性が高い構造となっています。
  4. 鋼製インナーフロートに比べ、低コストで設置できます。
  5. 鋼製インナーフロートに比べ、貯蔵容量が多くなります。
  6. すべての部材はアルミニウム合金およびステンレスで作られているため腐食および製品汚染の心配がありません。
  7. 小口径タンクへの設置が可能です。(米国での実績:Φ1,524㎜~Φ42,700㎜)

ページトップに戻る

SPC-HCインナーフロート

  特徴 備考
1.適用基準
  • API650 APP-H
 
2.本体の組み立て
  • ボルト組み立て
資材搬入口として屋根または側板部に0.6m×1.7mの開口が必要
3.構造および材質 (1)パネルの構造
  • ハチの巣状(ハニカム)の核をプレートで挟み込み周囲を連続溶接した構造です。(個々のパネルが気密性を保ち、浮力を有する構造となっています。)
  • パネルの厚さは300%浮力となるよう設計しています。
(2)主要部材質
  • アルミ合金製
パネル1枚の標準寸法1,524mm×3,048mm
4.シール形状
  • ワイパー型
 
5.回転防止
  • アンチローテーションケーブルによる
 
6.静電気対策
  • ルーフアースによる
 
7.地震時の安全性
  • タンク本体と接触しても発火することはありません。
 
  • ハニカム断面構造の写真ハニカム断面構造
  • ハニカム詳細の写真ハニカム詳細
  • 支柱構造詳細の写真支柱構造詳細

ページトップに戻る