ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

タワーの部分更新工法

現場での制約条件に合わせて'最適な部分更新'を実現します。

近年、国内の石油・石油化学などのプラントの多くは、建設から長い年月が経っており、とくにタワーの胴板などでは部分的な腐食も進むなど深刻な問題となっています。一方で、大型タワーの部分更新は、現場での制約条件も多くあるため、その施工が困難となっています。
そこで新興プランテックは、数多くの施工実績に基づく技術力を活かして、柔軟な部分更新を実現。コスト、工期、施工上の制約といったお客様のニーズに対応した最適な工法を提案しています。
数多くの施工実績に基づく技術力で、確かなサービスをご提供します。

輪切り交換工法

最大のメリットは、工期が短期間で済むこと。そして溶接ひずみが少ないため、高精度を要求する塔類に適しています。

作業工程

  • STEP01腐食部を含め、上部胴板を撤去
  • STEP02あらかじめ製作しておいた取替部分の胴板を搬入、取り付け
  • STEP03完成腐食部を撤去・切断した上部胴を搬入、取り付け

施工実績4件

胴部分交換工法

部分腐食に対して輪切り交換工法が適用できない場合、もしくは塔径・塔高ともに大きな塔類に適しています。
工期も比較的短期間で済みます。

作業工程

  • STEP01取り替え部分の1/4(※分割数は詳細設計による)を切断、撤去
  • STEP02新設胴板を搬入、取り付け
  • STEP03完成Step1、Step2を4回繰り返す

施工実績6件

分割全周交換工法

胴部分の全周にわたる腐食に対する工法です。塔径・塔高ともに大きな塔類の全周交換に適しています。

作業工程

  • STEP01取り替え部分に補強リング、補強柱を取り付け
  • STEP02対面2カ所の取り替え部分1/8(※分割数は詳細設計による)を撤去
  • STEP03新規胴板を搬入、取り付け
  • STEP04完成Step2、Step3を4回繰り返す

施工実績2件

ページトップに戻る